コラムについて|さいたま市浦和・武蔵浦和の矯正歯科ならくろき矯正歯科

電話予約
WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

正面から見えにくい舌側矯正で「こっそり矯正」しませんか?

皆さんこんにちは。
 

くろき矯正歯科です。
 
 

女優さんやモデルさんが、歯並びがキレイになっていて「えっ、いつの間に矯正したの!?」と思ったことはありませんか?
 
実は、前から見ると矯正装置がわかりにくくて、周りの人にバレずにこっそり矯正することも可能な、そんな治療法があります。
 
矯正装置を歯の裏側につける「舌側矯正」です。リンガル矯正、裏側矯正ともいわれています。
 
 

今回は、歯並びの乱れが気になっているけれど、目立つ矯正装置が嫌で踏み出せない、という人におすすめの「舌側矯正」を紹介します。
 
 

舌側矯正のメリット①矯正中でも気付かれにくい

舌側矯正は、ワイヤー&ブラケットの矯正装置を歯の裏側につけるだけで、しくみは通常の矯正とほぼ変わりません。
 
矯正力がしっかりとあるのに矯正装置が周りの人に気付かれにくいので、密かに矯正したい人におすすめです。
 
よほど口を大きく開くと見えますが、対面して喋ったくらいでは気付かれにくいのが普通です。
 
「矯正装置が目立つと恥ずかしい」という気持ちが特にない人でも、矯正装置をつけていると話題が矯正のことばかりに集まってしまいがちになり、それが面倒で目立たない舌側矯正にしたという人もいます。
 
 

舌側矯正のメリット②むし歯になりにくい

矯正中の課題は、歯磨きです。装置のデコボコに汚れがたまりやすいので、むし歯や歯周病のリスクが高まるのです。
 
舌側矯正でも歯磨きを徹底しなければいけないのは基本ですが、メリットとして歯の裏側はむし歯になりにくいという特徴があります。
 
唾液がゆきとどきやすいため、唾液の自浄作用が働き、歯の表面側よりも殺菌効果を得られるからです。
 
 

歯磨きや発音など何でもご相談ください

舌側矯正は、表側矯正と比べると難易度が高い治療です。どこの歯科でもできるわけではありません。ご希望される場合は、くろき矯正歯科にご相談ください。
 
 

また、舌に近いところに装置をつけるため、慣れるまで滑舌が気になることがあります。
 
発音の練習法もありますので必要な場合はご指導しますが、基本的には慣れると滑舌や発音は問題なくなるのが普通です。
 
歯の裏側の矯正装置をキレイに清掃するための歯磨きやケアの方法についても、アドバイスしています。お困りのことがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。