コラム|さいたま市浦和・武蔵浦和の矯正歯科を行うくろき矯正歯科

電話予約
WEB予約
初回相談専用
(3分で完了)

お知らせ

お知らせ INFORMATION

「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」で、歯が動くの?

皆さんこんにちは。
くろき矯正歯科です。

透明のマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置「インビザライン」で行う歯列矯正は、矯正装置が目立ちにくいのが大きな魅力です。

「目立つ矯正装置に抵抗があって、なかなか矯正治療にチャレンジできない」という人も、目立ちにくい矯正装置なら、歯列矯正を始められますね。

そんな嬉しいメリットがあるマウスピース矯正ですが、一方で、ワイヤーで歯を動かしていく従来の矯正治療をイメージしていた人にとっては「マウスピースで本当に歯が動かせるの?」という疑問を持つことがあるようです。

マウスピース矯正の仕組みとは?

従来のワイヤー矯正では、歯の表面に歯科用接着剤で取り付けたブラケットに金属製のワイヤーを通し、歯に引っ張る力をかけて動かしていきます。

マウスピース矯正では、まず最初に3Dスキャンで歯型をとり、綿密な治療計画・シュミレーションを行い、複数のマウスピースを作製します。

それぞれのマウスピースの形は、少しずつ異なっています。現在よりも少し理想の歯並びに近いマウスピースをつけ替えていくことで、どんどん理想の歯並びに近づけていく仕組みです。

マウスピース交換のたびに理想の歯並びへ

マウスピースは、1つにつき10日~2週間くらいで交換します。

交換したばかりの頃は、まだ歯がマウスピースに合っていないので締め付けられる感覚がありますが、そのマウスピースの位置に歯が動いていくと、しだいに締め付け感が薄らいでいきます。

そうしてマウスピースの交換を繰り返し、最後のマウスピースをつける頃には、理想の歯並びになっているのです。

90カ国・1200万人以上の歯列矯正を実施

透明で目立ちにくいマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置「インビザライン」は、世界90カ国以上で利用されていて、1200万人以上もの人が歯列矯正を行っています(2021年2月現在)。

莫大な症例を蓄積しているということでも、信頼のおける歯列矯正システムといえるでしょう。

さらにマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は、取り外し自由なのも大きなメリットです。矯正中、食事や歯磨きがしやすいということだけでも、ストレスが少なくなりますね。

マウスピース矯正をしてみたい、もっと話を聞きたいという場合は、ぜひ一度、くろき矯正歯科にご来院ください。

マウスピース矯正がお口の状態に適しているかどうか、まずは診断を受けてみませんか?

くろき矯正歯科(さいたま市・浦和、武蔵浦和)のマウスピース型矯正はこちらへ

 

【当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)のブログ】

インビザラインならホワイトニングが同時にできる

 

【重要】マウスピース型矯正を上手に進めるための3つの工夫