コラムについて|さいたま市浦和・武蔵浦和の矯正歯科ならくろき矯正歯科

電話予約
WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

【重要】アタッチメントの役割/マウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では歯に矯正力を効率的に作用させていくために「アタッチメント」という樹脂でできた白い突起物を歯の表面につけます。

シミュレーション上で計画されたアタッチメントを精密に現実の歯の表面に再現するようさいたま市浦和・武蔵浦和のくろき矯正歯科では、このアタッチメントの形成にも細心の注意を払っております。

マウスピースをつけかえるだけで歯を動かしていくインビザラインの治療プロセスにおいては、治療全工程において緻密に再現できているか、否かによって治療の進行度合いにも有意な差が出てきてしまいます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は2000年代に登場してきた新しいアプローチの治療法で、日々研究・技術革新がされておりますが、どのクリニックで治療をしても治療結果が同じになるというわけではありません。

むしろ、モノそのもの(プロダクト自体)は同じなわけですので、人為的な技量の差が如実に出てしまいます。

マウスピース型矯正での治療をお考えの方は、ぜひ、一度当院の無料相談にお越しください。

 

くろき矯正歯科(さいたま市・浦和、武蔵浦和)のマウスピース型矯正はこちらへ

 

【当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)のブログ】

インビザラインならホワイトニングが同時にできる

 

【重要】マウスピース型矯正を上手に進めるための3つの工夫