コラムについて|さいたま市浦和・武蔵浦和の矯正歯科ならくろき矯正歯科

電話予約
WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

【重要】マウスピース矯正でのシミュレーションソフト活用ポイント

こんにちは。くろき矯正歯科です。

本日は、マウスピース型矯正装置(インビザライン)の魅力であるシミュレーションソフト「クリンチェック」の活用ポイントを3点ほどご説明したいと思います。

 

①審美性

不揃いな歯並びの見た目を改善したいという患者様のご要望やご不満を解消するために、どのように治療後は歯が並ぶのか?見た目の美しさを考慮し、シミュレーションソフトにて治療計画を立案してまいります。

 

②かみ合わせ

見た目の改善のみならず、かみ合わせといった「お口の機能」面を考慮しシミュレーションを組み立てます。

 

③骨&歯周組織

シミュレーションソフト上では、自由自在に歯を動かして「美しく」「かみ合わせた」状態を設定できますが、実際には顎の骨や歯の根っこ、歯肉の状態といった情報をもとに治療計画をシミュレーションしなければ歯肉退縮・歯根吸収を引き起こしてしまいます。こういった情報はCTを利用することで捕捉することができます。

 

マウスピース矯正(インビザライン)には優れたシミュレーションソフト「クリンチェック」が備わっておりますが、シミュレーションソフトがあるからインビザラインでの治療が上手に進む。というわけではありません。

 

インビザラインを紹介するウェブサイトでは、シミュレーションソフト「クリンチェック」が同時に紹介されていることも多いようですが、あくまで、この「クリンチェック」は、上記にあげた3つの観点を念頭にドクターが活用をしていくツールなのです。

 

これからマウスピース矯正(インビザライン)で治療をお考えの方は、ぜひ、一度当院へご相談ください。

 

くろき矯正歯科(さいたま市・浦和、武蔵浦和)のマウスピース型矯正はこちらへ

 

【当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)のブログ】

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で歯が動くの?

 

アタッチメントの役割/マウスピース型矯正(インビザライン)

 

マウスピース型矯正を上手に進めるための3つの工夫