コラム|さいたま市浦和・武蔵浦和の矯正歯科を行うくろき矯正歯科

電話予約
WEB予約
初回相談専用
(3分で完了)

お知らせ

お知らせ INFORMATION

マウスピース型カスタムメイド矯正装置のアンフィット(浮上がり現象)

こんにちは。さいたま市武蔵浦和のくろき矯正歯科です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(製品名:インビザライン)での治療中には『アンフィット』という歯とマウスピースの不適合が生じてしまうこと・マウスピースが浮き上がってしまうことがございます。

比較的簡単な歯の移動では発生するリスクも少ないのですが、難易度の高い移動になってくると発生してしまうことがあります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置での治療は、このアンフィットが起らないようにすることが重要というより、(不測の事態としての)アンフィットが起きてしまった際に、いかにリカバリーをしていくかが重要となってまいります。

たとえば、

マウスピース自体に穴をあけて一定の期間だけ、ボタンを設置し顎間ゴムをかけたりといったリカバリーするためのちょっとした工夫を随所に凝らしていきます。

 

緻密に計画を練り、実行に移す。そして、もし不測の事態が起きた際には再度、原因を特定し、解消する。そして、再度計画を練りなおす。

 

こういったプロセスは例えて言うと、

皆さんのまわりに、旅の仕方が上手なヒトや貯金の仕方が上手なヒト、仕事の進め方が上手なヒト、受験勉強や資格の取得の際の時間の使い方のうまいヒトだったりいらっしゃるかと思います。

そういった方の「モノの考え方」と似ているのかな?と思ったりしております。

 

『計画』⇒『実行』⇒『評価』⇒『修正』⇒『再実行』。

 

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)での治療結果の成否をわけるのは、

こういったアンフィットをいかに制御していくか?術者の考え方や捉え方、そして技量によるものが多いです。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、どのクリニックで治療をうけても同じ結果になるわけではありません。これから治療をお考えの方はぜひ、一度、さいたま市浦和のくろき矯正歯科へご相談にお越しくださいませ。

 

くろき矯正歯科(さいたま市・浦和、武蔵浦和)のマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置はこちらへ